ホワイトニング

ホワイトニングとは

歯を削ったりかぶせたりすることなく薬剤を用いて歯自体の色を白くすることです。

術前 術後

 

ホワイトニングの種類

ホームホワイトニング

歯科医師の指導を受けご自分で自宅などで行っていただく方法です。
歯の黄ばみが気になる方やより歯を白くしたいという方へ。
就寝中(日中も可)にマウスピースを装着しておきます。

オフィスホワイトニング

歯科医院で短時間で歯を白くする方法です。
毎日自宅で自分で行うのが難しい方、短期間で歯を白くしたい方へ。
一般的にホームホワイトニングより効果は落ち、知覚過敏が出る可能性も高くなります。

ホワイトニングの仕組み

歯は表層をさまざまな刺激から守る半透明のエナメル質と歯髄と呼ばれる神経を覆う黄褐色の象牙質から主に構成されています。
歯の色はエナメル質と象牙質を合わせた色で決まります。

歯が変色する原因として代表的なものは

「飲食による歯への着色(外因性変色)」「加齢による変色(内因性変色)」です。
飲食による着色はコーヒー、ワイン、お茶などのタンニン、食べ物中の糖によるもの、たばこのヤニが主なもので、歯の表面と中の有機質成分が着色することによって変色が起こります。
歯の表面は「ペリクル」という透明の被膜に覆われています。
これは唾液中の糖タンパクがエナメル質に付着して形成されるもので、このペリクルに色素が付着することで変色が起こります。ペリクルは歯面に強固に付着するので歯ブラシでは除去できません。

加齢による変色はエナメル質が継時的にすり減っていき象牙質は厚みを増すために相対的に黄褐色の割合が増えるために歯が黄色くなったように見えてくるために起こります。

ホワイトニングの作用は過酸化水素が分解して発生するラジカルによって着色の原因となる有機物質を酸化、分解することで発現します。過酸化水素は塩基性の環境下の方が漂白に有効なラジカルが多く発生し、ホワイトニングの作用が強くなります。
当医院で用いるホワイトニングの薬剤の主成分は過酸化尿素で口の中の水分と温度で徐々に尿素と過酸化水素に分解します。尿素はタンパク質を溶解する作用があり、歯質への浸透を促進します。

「歯質に対する作用」

過酸化水素が分解する時に発生するラジカルは有機物に対して作用します。
エナメル質は97%が無機質から構成されるため歯にはほとんど影響を与えません。
ホワイトニング材によりペリクルが除去し、エナメル質表層の構造の再構築をすることによって光の屈折率が変化することで色調が明るくなります。

ホワイトニングの流れ

 

大まかな流れとして、まず歯型を採って模型を作りそこからマウスピースを作成します。
ご自宅などで出来上がったマウスピースに薬剤を入れて口にはめることでホワイトニングを行います。

口腔内診査(一回目来院)

虫歯の有無、歯肉の状態、詰め物の適合の状態、プラーク付着の有無、知覚過敏の有無などを検査しホワイトニングができる状態かどうかの診断をします。
正確な歯型を採るために必要に応じて歯面の清掃をします。

歯型を取る(一回目来院)

マウスピースを作るための歯型を取ります。診査をして特に問題がなければ初日にここまで行います。

歯面の清掃(二回目来院)

口の中が汚れていると口の中のPhが酸性に傾きます。
ホワイトニングの薬剤は塩基性下でより漂白作用を増すラジカルを発生するため、しっかり清掃してから行わないと効果が得られません。

口腔内写真の撮影(二回目来院)

ホワイトニングを始めると初診時と色調から変化します。
術前の色調を記録して治療効果を確認できるようにします。

ホワイトニングの薬剤やマウスピースの使い方の説明(二回目来院)

マウスピースの取扱いや清掃方法、期間などの説明をします。

効果の確認、知覚過敏の有無の確認(三回目来院)

だいたい二週間ほどで歯が白くなってきます。

 

≪ホームホワイトニングを始める皆様へ≫

1日1回、3~4時間を目安に、マウストレーを装着して下さい。
 はじめは30分から。慣れてきたら徐々に時間を延ばしていきましょう。

■毎日続けた場合、通常は約2週間で、目に見える効果が表れます。
 安定した結果を得るためには、さらにもう1~2週間続けてください。

■1度白くした歯も、ずっと白いままではありません。徐々に色が戻ってきます。
 白さを保つ為には、その後は、気になった時に何日間か連続で使用すると良いでしょう。

■ホワイトニングにより、一時的に歯がしみる等の知覚過敏の症状が出ることがあります。
 マウストレー装着中にしみなくても、マウストレーをはずした後、しばらくしてからしみてくる
 場合もあります。
 しみる場合は無理をせず、一旦使用を中止し、日をあらためて行ってください。
 (ほとんどの場合、こういった症状は、一時的なものですので、1日程度でおさまりますが、
 長く続くようであればご連絡ください)

■歯のしみやすい方は「装着時間を短くする」「ジェルの量を少なくする」
「使用頻度を2~3日に1度にする」
といった使用方法で症状が緩和することがあります。
 又、知覚過敏の症状をやわらげる薬剤もご用意しております。

■ホワイトニング効果には個人差があり、必ずご希望の白さまで到達するという保証はありません。
 個々の歯の質により、白さの限界値があります。

■ホワイトニング直後に、歯の表面に白濁や白斑があらわれることがありますが、一時的なもので、
 時間と共に消失しますのでご安心下さい。
 またもともと歯に白い縞(シマ)や白濁がある方は、ホワイトニングにより、それらがより白く
 目立つようになる可能性がありますが、ホワイトニングを続けていくうちに改善していきます。

■ホワイトニング剤の成分は、消毒薬としても使われているものですので、通常使用時に飲み込んで
 しまっても身体に悪影響はありません。
 ただし、使用時にマウストレーからあふれ出した余分なジェルはきちんとふき取り、
 皮膚に付いた場合は、すぐに洗い流してください。
 又、万一目に入った場合は、すぐに目を水道水で5分間洗い流し、眼科医の診療を受けてください。

■ジェルの保管は、開封前後にかかわらず、冷暗所にてお願いします。
 冷蔵庫に入れて頂いて結構ですが、凍らせないようにして下さい。
 又、お子様の手の届くところに置かないで下さい。
 ジェルの使用期限は、ご購入から1年です。

■ジェルが無くなったら、追加のジェル(1本¥2160)でご購入頂けます。

■マウストレーは丁寧にお取り扱いください。
 穴があいたり破れたりした場合はご使用になれません。
 又、熱湯をかけたりすると変形する恐れがありますのでご注意ください。
 マウストレー作り直しの場合は、別途料金がかかります。

■日頃から歯磨きをしっかりと行うことが、白さを保つポイントです。